金の遣い方

ところで、障害年金をもらうようになってから、金遣いが荒い。障害年金をもらうようになる前は、ほとんど金を自分の自由に遣えなかったから、そのしわ寄せだと思う。以前は、月の小遣いが1万円で、煙草代だけでそのうちの7000円くらいかかっていたので、実質月に自由に遣える金は、3000円だけだった。CDだと、新品の場合は2、3枚買って終わり。飲み物とかもほとんど買う余裕はない。昼食代は一日500円(ただし、平日のみ。土日祝日は0円)。つまり、本やCDを買うためには、昼食代を削るほかなかった。しかし、その当時の生活において(いまでもそうだが)、昼に好きなものを食べることが、ほとんど唯一の楽しみだったのでジレンマがあった。本も欲しい。けれど、本を買うためには食費を削らなければならない。昼に好きなものを食べたい。けれど、昼に好きなものを食べるためには、本を諦めなければならない。あるいは、煙草をやめれば、月に7000円ぶん自由に遣えるようになるので、一時期煙草をやめた時期もあった、3カ月しかもたなかったが。煙草は、やめなきゃやめなきゃと思っている一方で、普段の暇暇病を克服というかやり過ごすためには、やはりどうしても必要だと思う。というわけで、健康に悪いと思いながらも、いまも一日に10本から15本程度吸っている。

 

いまは、デイケアに行っていることもあり、昼に好きなものを食べる機会は減った。いまは、基本的には、月曜の午前だけと、火曜の午前午後、木曜の午前午後の週三日デイケアに通っているので、昼を自由に食べられるのは月曜と、水曜、金曜の週三日ということになる。月曜は、基本的には大戸屋で食べる。700円から800円程度。水曜は、最近決めたことだけど、早稲田まで行って、わせべんという弁当屋の弁当を食べる。往復の交通費は700円程度、弁当は400円から500円程度。金曜は、地元で食べる。近所のラーメン屋のラーメン630円、あるいはモスバーガーなど。

 

単純計算で、800円+1200円+600円で、週2600円という計算。四週で換算すると、食費(昼食代)は1万円程度。でも、昼食代、昔は週五日、一日500円(つまり週2500円)だったから、そんなに変わっていないことがわかる。

 

障害年金の遣い途の内訳は、デイケア代、交通費、病院代、薬代、食費(昼食代)、煙草代、その他本代CD代。障害年金の金額は、ぼくは精神障害2級なので、2カ月に13万円程度。月に6万円と少し、ということになる。もちろん、全部遣うのではなくて、ある程度は貯金しなくてはならない。ここ最近は、ほとんど全部遣っている。しかも、なににどれだけ遣ったかを計算していないため、今月あとどれくらい遣ってもいいのか、わからない。なので、そろそろ、計算する習慣をつけなくてはならない。おおざっぱでもいいので。