ビートルズ基準

久し振りに、ビートルズ『ウィズ・ザ・ビートルズ』を聴いているけど、素晴らしい。全体的に、ざらざらとした感じで、メロディーセンスが爆発している。ジョンの声も、ポールの声も、ざらざらとしている。演奏も水準が高い。このビートルズ二枚目のアルバムは、ビートルズのファン以外には、あまり評価されていないように思うけど、名盤だと思う。

 

また、ぼくは独自に「ビートルズ基準」というものを設けていて、それは「ビートルズの音楽を聴いて、感動できれば、感情は正常に機能している。ビートルズの音楽を聴いて感動できるかどうかは、その人の精神の健康さに関係している」というもの。もちろん、ぼく個人のための基準に過ぎない。でも、たとえば、ビートルズの「イエスタデイ」を聴いて、なにも感じない人って、いるんだろうか? ぼくは、いまは「イエスタデイ」を聴いても、とくになにも感じないので、やはり自分の感情は機能していないんだな、と思う。要するに、ぼくの場合、ビートルズを楽しく聴けるようになれば、しめたもの、ということ。なかなかそこまでたどり着けそうにないけれど。