今日は

図書館で、檜垣立哉ドゥルーズ入門』を借りてきました。べつにドゥルーズに入門したいわけではないのですが、アマゾンのレビューを見ていたら、「どこが入門だ」というようなレビューばかりだったので、逆に興味を持ちました。それで、ついでのラカンの『エクリ1』も借りてきました。このラカンの本も、「一行たりとも理解できない」とか、日本語訳について「フランス語の原文よりも難解」とか言われていたり、まあとにかく難しいらしいので、これも興味本位で借りてみました。

 

今日は一日休みなので、本を読んで過ごそうと思います。というか、本を読む以外に時間の過ごしようがありません。ここ何日か、『神の慰めの書』を読んでいないので、読み進めようと思います。あと三分の一くらいです。

 

河野哲也『〈心〉はからだの外にある』を少し読み進めたのですが難しくて、ほとんど意味が取れない。昨日読んだ部分はわかりやすかったんだけどな。エックハルトの続きを読もうかな。