音楽を前に

自分の昔の演奏を聴いている。これは、音楽への信仰の表白だと思った。自分の演奏を聴いてそのように感じるというのはすごいことではあると思う。音楽を前にして頭を下げているのが、演奏を聴いていて伝わってくる。とにかく、頭を下げている。こんなにひたすらに頭を下げることは難しいんじゃないかと思う。

 

音楽に頭を下げるというのは、自己主張に欠くということでは決してない。むしろ、自己主張に欠ける人ほど、音楽に対して頭を下げていない、音楽を見下している人が多いのだと思えるくらいである。

 

自分が、音楽を見下す人間になるとは思っていなかった。あるいは、自分はもう音楽を前に頭を下げることは一生ないかもしれない。