高橋源一郎

高橋源一郎の『ゴーストバスターズ』という小説を引っ張り出してきた。これは未読。高橋源一郎は、わりと好きである。『さようなら、ギャングたち』は、素晴らしかった。現代日本の作家で興味があるのは、村上春樹高橋源一郎の二人だけだな。平野啓一郎にも少し興味がある。