平野啓一郎

あと、さっき平野啓一郎の『日蝕』という小説も引っ張り出してきた。これも半分くらいまでしか読んでいないので、読み通したい。平野啓一郎の『葬送』という小説も、気になっていて、近いうちに読み通したいと思っている。