ドラム雑記

数年振りに、キース・ジャレットの『スタンダーズ 1』を聴いている。さっき、エリック・クラプトンの『バック・ホーム』というアルバムを聴いていて、ちょっとスティーブ・ガッドのドラムが好きになれないということを再確認したんだけど、『スタンダーズ 1』でのジャック・ディジョネットのドラムを聴いていて、ドラムってやっぱりいい楽器じゃないか、と思った。スティーブ・ガッドのドラム、どこがいいんだろう。ぼくが好きなドラマーは、数え上げるときりがないけど、たとえばトニー・ウィリアムスエルヴィン・ジョーンズ、ジョー・モレロ、レックス・ハンフリーズ、ブライアン・ブレイドなど。他にもいくらでもいるだろう。エド・シグペンにはまっていたときもあったな。逆に嫌いなドラマー、あるいは好きになれないドラマーは、スティーブ・ガッド、デイブ・ウェックル。どっちもチック・コリアつながりだ。チック・コリアはなんでもっといいドラマーと組まないのか、と思っていた。ロイ・ヘインズとやっているトリオの『ナウ・ヒー・シングズ、ナウ・ヒー・ソブズ』は、とても好き。逆に全然よさがわからないのは、『フレンズ』、『スリー・カルテッツ』などや、アコースティックバンド、エレクトリックバンドの一連の作品。エレクトリックバンドの「ゴット・ア・マッチ」という曲はけっこう好きだけど、ドラムがデイブ・ウェックルじゃなければ、もっといいだろうと思う。ベースのジョン・パティトゥッチは、わりと好き。

 

いまチック・コリアの『スリー・カルテッツ』の一曲目を少し流してみた。10秒で止めた。ださい。品もへったくれもない。これって、いわゆる「ジャズ・フュージョン」じゃないか。つまり、この手の音楽を聴く人は、ジャズとフュージョンをいっしょくたにして、「ジャズ・フュージョン」という言い方をする。ジャズとフュージョンを一緒にするなよ、と思う。フュージョン、と言えばいいのに。

 

ジャズを聴く人間には二種類いる。スティーブ・ガッドのドラムをなんの違和感も感じずに聴ける人間と、違和感しか感じない人間。