磁力

それから、もう一つ、音楽のような文法で大切なのは、感情だ。わたしは記憶力が弱いので、新しい単語などなかなか覚えられなくて昔から苦労した。しかし口にした瞬間、自分の中で感情が動いた場合はすぐに覚えられることを発見した。すごく腹を立てて口にした単語は、一生忘れない。言われてすごく嬉しかった文章に出てきた単語も忘れない。心が動くと、単語は記憶に確実に刻み込まれる。子供は感情の起伏が激しいし、不満をまぎらわす方法をあまり知らないので、何か欲しい時はどうしても欲しいし、悲しいとすぐ泣いてしまう。感情が激しく動いているということは、言葉を覚えるうえでは有利なことかもしれない。(多和田葉子『エクソフォニー 母語の外へ出る旅』、p86)