移動し続けていなければならない

つねにつねに、秒単位で、落ち着かず、じっとしていることができないことが、きつい。これは、統合失調症になってから、ずっと間断なく続いている。つねに移動し続けていなければ、時間が過ぎない。移動というのは、たとえば本を読んだり、なにか行動すること。音楽を集中して聴くことはできない。オーディオの前に五分と座っていることができない。たまには休みたくもなる。けれど、ゆったりと休むことができない。