アメブロ

 

ameblo.jp

 

いま、ブログはアメブロのほうをメインに更新しています。いちおう、このアメブロのプロフィールをここに転載しておきます。

 

 

 

診断は統合失調症です。

離人症、じっとしていることが難しいというような落ち着かなさ・焦燥感、息が苦しくなったり、目が見えているのに見えていないように感じたり、手足ががくがく震えるような感じがすること、考えや行動がそのときどきにころころと変わることなどが主訴です。

現在の病気に発展する前は、数年間、離人神経症と診断されていました。

本を読み、音楽を聴き、楽器に触るのが趣味です。

好きな著者は西田幾多郎鈴木大拙木村敏エックハルトウィリアム・ジェイムズニーチェキルケゴール井筒俊彦夏目漱石村上春樹大江健三郎安部公房ドストエフスキー平野啓一郎などです。

音楽はモダンジャズが中心です。学生時代にジャズドラム、フュージョンのギターなどをやっていました。大学六年目に現在の統合失調症を発症し、大学は中退しました。楽器もそのときにやめました。その後、十年くらいを経て、また楽器を再開しました。

自分は音楽なるものから分断され絶縁されているという確信を持っているのですが、それがどれくらい妥当なのか、あるいは誤りなのか、それを見きわめるために楽器に触れているといってもよいと思います。自分は音楽、人間、生命なるものと絶縁されているという確信は、どれだけ正しいのか。最近は、ドストエフスキーを読んで、疑念と信仰が表裏一体の関係となっているような状況があるんじゃないか、と気づきました。ぼくが音楽と、生命、人間と絶縁されているという考えは、もしかしたら思い込みによるところが多いかもしれない、と考えるようになりました。

旧ブログ、「おもに読書記録」

https://ameblo.jp/blue1239/